新刊紹介2010.5.14
本会副会長で青森在住の長内俊平氏が十年程前に、地元の月刊『東奥春秋』誌に22回に渡って連載した論考を、本会会員で元富山工業高校教諭の岸本弘氏がこの度1冊にまとめ、『文化と文明ー祖国青年の道を念じてー』と題して発刊致しました。岸本氏が中心となり若手会員の協力のもと編集され本書には、筆者の半生を回顧しつつ学問と教育あり方に思いを馳せ、筆者の祖国再生へ熱き祈りが綴られています。お求めは国民文化研究会事務局までお問合せください。

頒価:600円
頁数:新書判 210頁

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9
[編集]